介護付有料老人ホームにも色々なタイプがあります!

CareFor

介護付の種類

介護

安心して介護サービスを受けられる

自宅での介護が困難な場合は介護付有料老人ホームへの入居を考えるでしょう。入居する方の状況によって、入居時自立型などの3つのタイプに分けられますが、どのタイプでも24時間体制でサポートを受けることができます。介護保険法の基準によって要介護者3人に対して1人以上のスタッフの配置が義務付けられているので、広島市でも安心して介護サービスを受けられます。

介護付には3つのタイプがある

気になる費用についてですが、入居時自立型の場合は住居施設の費用を含んでいるので、比較的高額になります。一方、介護専用型、混合型のタイプでも法律によって安全面などの基準がありますので、十分なサービスが受けられないと心配する必要はありません。広島市でも同様で、入居時自立型の場合は、入居時一時金として数百万円が必要な施設があります。介護専用型、混合型の場合は、数十万から数千万円と施設によって幅があります。月額費用についてはどのタイプもそこまで差はなく、30万円以内で収まる施設がほとんどです。

気になる費用について

広島市でも同様で、入居時自立型の場合は、入居時一時金として数百万円が必要な施設があります。介護専用型、混合型の場合は、数十万から数千万円と施設によって幅があります。月額費用についてはどのタイプもそこまで差はなく、30万円以内で収まる施設がほとんどです。

100均で使える介護用品BEST5!

no.1

滑り止めマット

堂々の第1位は滑り止めマットです。要介護の人にとって車いすは欠かせないものです。滑り止めマットを敷くだけで車いすの転倒を防止することができ、安全に介護することができます。

no.2

コナーガード

第2位は利便性の高いコナーガードです。テーブルなどの尖った角の部分に装着するものです。万が一転んでしまったときでもコナーガードでカバーしておけば、怪我を防止できます。

no.3

もこもこ靴下

車いすを利用するときにずっと足を置いていると痛めたりする可能性があります。このもこもこ靴下を、足を置く部分にかぶせれば痛みを防ぐことができます。3位にランクインです。

no.4

シリコンスプーン

第4位はシリコンスプーンです。要介護の方にとって食事は幸せな一時である反面、大変な作業のひとつでもあります。シリコンなのでスプーンが歯茎に当たっても安全で、痛みを感じません。

no.5

介護シーツ

介護するには欠かせないシーツです。100均とは思えないほど、尿漏れや汗の吸収力がしっかりあります。消耗品ですのでリピート率が高いとされ、第5位にランクインです。

介護付と住宅型老人ホームの違いについての疑問

費用は違うの?

介護付の場合は、費用においては安心できると言えます。毎月の月額料として介護サービスの料金が含まれているので非常に経済的です。一方、住宅型の場合は、それぞれの健康状態やその他の要因によりプランが変わります。月額利用にはサービス料が含まれていませんので、ケアプランを選択する場合は、介護保険の限度額を超えないように注意しましょう。

入院期間の違いは?

介護付の場合、介護度が重くなったとしても住み続けることが可能です。認知症やその他の病気にかかってしまった場合の入院期間は施設によって異なる場合があります。住宅型の場合も施設によってまちまちですが、入居者の介護が必要な状況になっても、独自に在宅サービスを契約して住み続けることが可能です。