介護付有料老人ホームへ入居する流れを確認しよう!

CareFor

高齢者へ向けた取り組みが進んでいる広島市

高齢化が進む広島市において、介護サービスなど高齢者に向けた取り組みが盛んに行なわれています。それでは、具体的にどのような流れで介護付有料老人ホームへ入居すれば良いのでしょうか?

広島市で介護付有料老人ホームへ入居するまでの流れ

高齢化が進む広島市

広島市では、人口の約20%の割合が65歳以上の高齢者となっており、高齢化問題が顕在化しています。そういった背景があるため、広島市では介護サービスに関する取り組みなど、高齢者のための施策が活発に行なわれています。

入居の申し込み

広島市で気になる老人ホームを見つけたら、まずは入居の申し込みをする必要があります。施設によっては、仮押さえができる施設もあります。この時点では最終的な決定ではありませんので、キャンセルが可能です。

必要書類を用意する

その後は、施設に提出するべき必要書類を用意する必要があります。現在の健康状態を把握するために必要な健康診断書や看護サマリーなどを用意します。地域や病院にもよりますが、広島市では健康診断書の取得に数週間で受け取れるでしょう。

体験入居を経て本入居

一般的に、ほとんどの施設が体験入居ができるとされています。同様に広島市での老人ホームでも体験入居できる所がほとんどとされています。食事やレクリエーションなど、体験してみないと分からないことが多いので、一度体験して入居を決めることをおススメします。

介護が必要な方へ

メンズとレディ

介護付と住宅型の違い

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは何が違うのでしょうか?おおまかに説明すると、介護付有料老人ホームは、その名の通り介護が受けられる老人ホームで、住宅型有料老人ホームは、ほとんど自宅と同じ生活ができる入居施設です。

特定施設入居者生活介護とは

介護付有料老人ホームの場合、都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受けています。特定施設入居者生活介護とは、介護が必要とされる方に対して、日常生活のサポートを行ないながら訓練を行なうことです。また、介護保険の対象となりますので経済的な負担も軽減できます。住宅型有料老人ホームの場合は、特定施設入居者生活介護の指定を受けていませんので、独自に外部と介護サービスの契約を結ばなくてはいけません。しかし、介護の必要度が高いと判断されると、一部の必要なサービスを受けることができます。